スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
気づいて下さい。
みなさん、こんにちは。
体バランス里楽の斉藤です。

当院にあるこんなものをご存じですか。
この猫ちゃんと、カード両方を気づいてくれた方は、まだお一人だけです。

P1050467.jpg

 私は元々、色々な手技療法に興味や影響を受けながら、村上整体専門医学院と言う専門学校の、カイロプラクティック科で整体やカイロプラクティックの課程を経て、この道に入りました。
カイロプラクティックでは脊髄や末梢神経の、神経伝達機能を重視して、その改善を図ってゆきます。
大きな特徴の一つに、関節の位置の矯正を、スラストと言うテクニックで、アジャストして(正して)行きます。

 ところが、臨床を積んでゆくと、アジャストだけで症状が改善される時もありますが、それだけでは症状の改善を見いだせないものも経験してゆきます。
これはまだまだ私のアジャストテクニックが未熟なだけなのですが、学んできた生理学や解剖学で解けない疑問が沢山出てきました。正直、最近はスラストは意識してしません。
きっと私と、同じ経験をされた施術家の先生も、沢山おられると思います。

 心と体の関係にも気づかされれる様になります。
昔から腰が抜けると言う言葉がありますが、体の力が全く入らないくらいのショックを受けたことはありませんか?
直接身体にストレスが掛からなくても、心的要素で力が入らなくなったり、体がこわばって動けなくなったりと言うことも、臨床上経験してきます。
心的ストレスの種類と、影響される筋肉や、東洋医学で言われる特定の経絡へも関係性があると言う、診断・治療法もあります。

 毎日、解らないことが沢山出てきますが、それも私に与えられた機会ですから、有り難うと受け取ることにしています。
関節(骨・骨膜)、筋・腱、筋膜、神経、皮膚、あと血管なども診て、施術の対象にしてゆきます。
そして、アプローチの方法も様々です。
診断や手技は、世界では2000種ほど、いやもっとかな。何々法、何々療法と名のつけられたものがあるようですが、どれも否定はしません。
私も一部ずつですが、その理論や徒手法を使わせて頂いています。
そして良い成果が得られた経験は、練習会などで、包み隠さず披露しています。

写真に写ったピンク色のカードは、先月受けたセミナーの講師、内尾政明先生が使われているものです。
いいものですから、皆さんにもご紹介させて頂きます。
もっと良く見たい方は、来院下さい(笑)。
スポンサーサイト
[2014/11/01 15:05] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。